男性の恋愛のプロセスを知って、愛され女子になろう

スポンサーリンク

男の恋愛プロセスを見ていくと、まずそのターゲットとする女性に気に入られようとします。

そのためには、様々な仕掛けを作る人もいます。

そして自然に付き合う方向へと導くわけです。この場合には、相手の出方によっても告白するかどうかが変わってくるところです。

男女の会話

基本的に早い段階で男性はアプローチしてくる

会話などが弾めば、そのまま告白に向けての準備を始める可能性もあるでしょう。

ただ軽い男だと思われるのが嫌な人も多いため、1回目のデートからいきなり恋人になろうなどと言ってくる事はまずありません。

もちろん例外的に、2人の恋が燃えている場合にはそのような行動やプロセスに出ることもありますが、やはり多くの場合何回かデートを重ねることが多いです。

もし反応が悪ければ、無理して告白をすることを避ける傾向にある人がほとんどです。

しかし、反応が良ければそのままアプローチをしていきます。

すぐに告白をする人もいれば、もう少し仲を深めて100%に近いぐらいに付き合えると確信した段階で告白をする可能性もあります。

スポンサーリンク

早いスキンシップは付き合うのが目的ではない可能性がある

このときの男側からのアプローチの仕方のひとつとしてスキンシップを取ろうとする人もいますが、相手の女性によって使い分けをするところでしょう。

相手が隙のないタイプの場合には、無理してスキンシップを取ろうとしないはずです。

なぜなら、付き合う前の段階でスキンシップを取ったために恋愛が成就しなくなってしまう可能性があるからです。

逆に、隙があるタイプやそこまで自立心の強くない相手の場合には、積極的にスキンシップをとってくる可能性も否定できません。

よくそれ等の行為は性欲と関係があると考える人もいますが、本命の相手に対してならば性欲とはまた別の感情が生まれています。

スキンシップをする場合には、胸やお尻などを触ってくる事はまずありません。

そのような男性は、付き合うことが目的ではないと考えた方が良いです。

むしろ体が目的の可能性も高いでしょう。本当に好きな人や告白したい相手に対するスキンシップは、軽く腕に触れる、などが考えられます。

スポンサーリンク

男性が告白してくる場合、場所がいつもと違うことが多い

告白をする場合は、場所を選ぶことが多いです。

そのため、付き合う前の段階でデートをして、ロマンチックな場所や普段はあまり行かないような場所をデートコースとして指定された場合には、男性側から告白してくる可能性もあります。

ただそれでも、慎重な男の場合は別の機会に告白をする可能性もありますので、あまり身構えすぎないようにするべきです。

あまり身構えすぎると、告白されなかった場合に落ち込む可能性もあるからです。

おすすめ情報
モテ女になりたい方はこちら


コメント