男女差で違う恋愛のピーク※恋愛を長続きさせるには?

スポンサーリンク

恋愛観は人それぞれですが、大きく分けて男性と女性で恋愛観は大きく異なります。

これは男女の脳に性差があることが関係しているようです。

男女には体の構造に大きな違いがありますが、目には見えない脳の構造にも違いがあるということですね。異性を好きになるプロセスなども異なっています。

この記事では、恋愛のピークの違いについて特に解説します。

男女

男性の恋愛のピーク

男性の場合、第一印象で恋愛対象かどうかの判断を瞬時に行う傾向です。

そのために、一目惚れしやすいのも特徴です。出会った瞬間から恋に落ち、比較的早いスピードで情熱が高まっていきます。

そして、ピークに達するのは女性を手に入れた時です。

「エッチをしたとき」「付き合いだしたとき」「自分に惚れたと確信したとき」など、手に入れるの基準は人それぞれ異なります。

手に入れた後は通常運転モードに切り替わり、徐々に熱が冷めていきます。

はじめの頃は頻繁にLINEが来ていたのに、急に連絡が来なくなったという話はよく耳にします。

これはゲットできたことで安心して、通常運転モードに入っただけなので好きという気持ちがなくなったわけではありません。

趣味や仕事など、他のことに興味を向けだしただけです。

手に入れるまでの過程で一番情熱的になり、普通ではない状態になっています。

スポンサーリンク

女性の恋愛のピーク

一方、女性の場合には、一目惚れする傾向は少ないです。

出会ってから会う回数・会話の内容などによって徐々に情熱が高まっていきます。

エッチをして彼のことを好きだという気持ちを確認したら、「エッチまでしたんだから彼を逃してはいけない」と考えるようになります。

なので、エッチをするまでは男性のほうが好きという気持ちが強く、その後は女性の好きという気持ちのほうが彼よりも強くなることが多いそうです。

スポンサーリンク

恋愛を長続きさせるコツ

このように、恋愛のピークが訪れる時期に男女で違いがあるということを理解することは大切です。

そのことをしっかりと理解しておかないと、すれ違いが起きたときに関係が壊れてしまうことがあります。

関係を長続きさせるために大切なことの1つです。ピークをすぎたらお互いに感情は安定していきますので、本物の関係になれるでしょう。

ピークを乗り越えるためのコツとしては、相手に合わせるようにすることです。

彼がクールダウンしてきていると感じたら自分も少し冷ますようにする。

彼からのLINEの頻度が減ってきたと感じたら、自分も連絡を控えるようにするなどです。

怒ったり悲しんだりするよりも、冷静に対処することが重要ですよ。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント