恋愛に学歴は関係ない※ただ価値観の共有は大切

スポンサーリンク

学歴という言葉はとても簡単な言葉ですが、これを尊重する人と、あまり重要視しないばかりか嫌悪感すら抱いている人に分かれているのも事実です。

これがカップル間で格差があるとなると、それはお互いの10代の人生をどのように過ごして来たのか、またはどんな環境で青春時代や学生時代を過ごして来たのかといった問題に関わってきます。

そのため、後の人間形成にも大きな影響を与えていることが考えられます。

したがって、学歴の差は「人生の対する価値感の違い」に結びつくことになる可能性が高いのです。

悩む 考える 男女

学歴の差は付き合いが長いことで露呈することも

恋愛中は、お互いの人間性を最重要視するカップルが多く、大卒なのかとかどこの大学かなど一応は聞きますが、それを気にしながらお付き合いはしないでしょう。

それが原因で衝突するようになるのは、結婚後に共同生活を始めてしばらく経った頃とか、子供が生まれて教育方針について話をしなければならない時期が来たときです。

ここで夫婦の間で人生に対する考え方や価値感に差があると、おのずと相手の意見を否定的に見てしまう傾向があり、子供の教育方針などで衝突してしまうことがあります。

「恋愛に学歴は関係ない」と断言したいところですが、共同生活を送ると様相は変わってきます。

お互いが子供の教育方針や人生に対する考え方について、価値感が一致していれば、2人の間に衝突はほとんど発生しないでしょうが、それはなかなか珍しいケースであるといえます。

人生に対する価値感の違いによる衝突は、恋愛期間の楽しい時期にはあまり露呈してきませんが、結婚して子育てなど家庭生活が始まると、お互いの価値感が衝突して喧嘩に発展することもあります。

育ってきた環境が異なるため、蓄積された経験は根強く残り、その人物の性格形成にまで影響していることが多いです。

スポンサーリンク

学歴という垣根を超越して付き合うことができるか

カップルがお互い同じ学歴レベルであれば、お互いをリスペクトし合うことになることが期待できるため、良識ある人であればたとえ相手の意見が自分と異なっていても、一応相手の話を聞いてみようという気持ちになることができます。

しかし、カップルの間で格差があまりに大きい場合は、価値感の相違から学歴の高い方が低い方を見下しがちになるケースも多いようです。

恋愛に学歴は関係ないということがいえるのは、カップル間で大した学歴差が無い場合や相手の度量が大きい場合ではないかと思われます。

お互いに同じくらいの学歴レベルであれば、相手を値踏みしたり見下したりすることもないでしょう。

結婚後も相手が自分のものさしに合わないことをしたとしても、「何故お前はこんなことも出来ないのだ、何故こんなことも知らないのだ」と相手にイラつくことも少なくなります。

また、相手の度量が大きい、学歴に関係なくお互いにリスペクトし合っている関係であれば、学歴という垣根を超越して付き合うことができるでしょう。

末永くお付き合いをしていくのであれば、恋愛をしている間に学歴に関する相手の考え方や相手の度量などから、価値観を共有していくことができるかを見極めていくことが大切ではないでしょうか。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント