恋愛は頑張らない!愛され女子になる方法

スポンサーリンク

恋愛を頑張りすぎて疲れてしまったと思ったり、恋愛が楽しくないと感じてしまったことはありませんか?

恋愛は家族以外の人との新たな信頼関係の構築であり、生きていく上での重要な経験と言えます。

もし、頑張りすぎて楽しめないのであれば本末転倒。

今回はどのように頑張らないで愛され女子になるのか、その方法についてお話していきます。

カップル

自分の心の声を大切にする!自分を犠牲に頑張らない

まず大切なのが、自分の心の声を大切にすることです。

例えば、仕事終わりに彼の家に行ってご飯を作ってほしいと言われたとき、あなたは疲れていて夕食を作りたくないと思っています。

この状態から即答で「分かった、何を作る?」と言ってしまうようであれば、あなたは自分を犠牲にして恋愛を頑張りすぎる傾向にあります。

ここで、自分の本心である、疲れていて料理を作りたくないことを相手にしっかり伝えるのがまず大切です。

ネガティブな空気感なく伝えれば、相手もそんなに嫌なふうには受け取らないはず。

あわよくば、彼が疲れたあなたのためにおいしいご飯をご馳走してくれるかもしれませんし、外食しようという話になるかもしれません。

そもそも、この程度のことで嫌な顔をしてよい対応をしてくれない人と、今後色々な荒波がある中、人生を一緒に過ごしていけるでしょうか?

自分の気持ちを我慢して相手に全て合わせ続けると、無意識のうちにストレスばかり溜まっていきます。

それが積もり積もってくると異常な束縛や「やってあげている」感が芽生えてきて、お互いの関係性がうまくいかなくなってきてしまいます。

スポンサーリンク

相手の希望に全力で応えない!応えるから息苦しい関係になっているのかも

相手の希望に全力で応えないことも大事です。

頑張りすぎているオーラを感じると、相手としては若干圧力を感じて引いてしまうことでしょう。

居心地の良い恋人関係とは気を遣わずに好きなことを言いあえて、安心して幸せに一緒に過ごせる状態です。

それが相手から頑張りすぎている圧を感じたらどうでしょう。

何も言っていなくても「これだけあなたのためにやっているのに」といった気持ちが空気感として感じられたら、とても息苦しい関係性になってしまいます。

また、彼が一般の他人には要望を遠慮して引いてしまうことも、彼女であるあなたに関しては要望を断ったあなたが悪いと思ってしまい、自分が上で何でも言うことを聞かせられるなど勘違いし始めるケースもあります。

こういった場合が行き過ぎてしまうとDVなどへつながってしまうケースもあります。

スポンサーリンク

意識して見つめ直してみましょう

恋愛を頑張りすぎない方法2つ、自分の心の声を大切にすること、相手の希望に全力で応えないことをご紹介しました。

非常にシンプルで、考えるまでもないと思われる方もいるかもしれません。ただ、人生においてシンプルな部分が忘れ去られていることはとても多いです。

もし、紹介した以上の2つのことを意識していないのであれば、愛され女子になる機会を自分自身で失っているかもしれません。

愛され女子になるために、改めて自分の行動を見つめ直してみましょう。

おすすめ情報
モテ女になりたい方はこちら


コメント