恋愛のNGワードとは?※ラブラブカップルも一気に恋が冷める

スポンサーリンク

恋愛感情になると相手に対して寛容になり、他の人では嫌悪感をもってしまう言葉であっても気にならなくなります。

それは許容範囲が広くなるからです。

子供同士であれば相手と対等であるという意識が強くなるので、少しでも気に障る言動があれば喧嘩に発展しやすくなっていますが、これが年齢を重ねることで忍耐力が鍛えられて我慢できるようになります。

それが好意を持てば相手との関係性を重んじるのでその忍耐力も強くなっていくため、トラブルがあっても簡単には壊れなくなっています。

しかし、恋愛であるからこそ簡単にその関係が壊れてしまう場合もあり、多くは相手を裏切る行動を取った時ですが、他にもNGワードである言動を使っても同じになっています。

恋愛 喧嘩

「つまらない」はNGワード

NGワードで言ってはいけないのは、「つまらない」です。

これは相手の存在を全否定していることを意味していて、それほど大きな意味がなく何気なく呟いたとしても、相手からすると自分と一緒にいることを苦痛に感じていると捉えてしまってもしかたがありません。

強い気持ちを持っていれば自分を見つめ直して何が気に入らなかったのか考えたりもしますが、強気の性格を持っていると怒ってしまうケースもあります。

それは相手に強い好意を持っているほど感じることがあり、いい関係を続けているカップルであっても一瞬で熱が冷めてしまう可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

相手の尊厳を冒涜している言葉も当然ながらNGワード

また、相手を自分が負担に感じているというような言動や、その逆に自分よりも適している人間が他にいるといった言葉もNGワードです。

これは恋愛感情を抱いている相手の尊厳を冒涜している言葉であり、自分よりも相応しい相手がいるのではないかという優しさで言った場合であっても、それは自分という人間を本気で考えてくれてはいないと見てしまいます。

恋愛であっても相手を信用できなくなれは当然に関係を継続することが困難になるので、このような言葉は雑談のような会話でも行うべきではありません。

言葉は人間がコミュニケーションを行う時に最も効果的な方法であり、その使い方を間違えれば当然に悪い結果が待っています。

人間は感情で動く生物であり一度でも気を悪くすると修復は難しく、どれだけ気を許していた場合でも自分が発する言葉には責任を払うようにしてください。

たった一回のNGワードで関係が壊れて後悔するのであれば、どれだけ良好な関係を構築していても発言する前には、相手がどのような感情を抱くのか考えてから行うようにしましょう。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント