恋愛でリードできない男性は必見!女性をリードするポイント

スポンサーリンク

恋愛でリードできない男性は自分に自信がないと言う人が多いです。

女性はそこまで気にしていないと思いますが、男性であれば男らしく女性をリードしたいと思っている人が多いでしょう。

今回は恋愛でリードできないと感じている男性に、女性をリードするときのポイントをいくつか紹介します。

男性と女性 カップル

女性は何をしてもらえれば喜ぶかを考える

まずは相手の立場になって考えるということです。

自分が女性だったらどのように接してもらうのが嬉しいのか、何をしてもらえたら喜ぶのかということを考えます。

例えば女性は「一緒に歩くときはペースをあわせて欲しい」、「食事をするときは同じくらいのペースで食べ進めてほしい」と思う人も多いです。

このときに女性の気持ちが分からない男性は自分勝中心に物事を考えてしまい、どんどん先に行ってしまったり、自分だけ食べ終わって女性を焦らせてしまいます。

リードするというのは強引に引っ張っていくのとは違い、相手の気持ちに寄り添ってちょっと前を歩くことが重要です。

スポンサーリンク

女性の意向を尊重しつつも、決断は男性の方がするようにする

基本的に女性は優柔不断なところがあり、物事を決めることが出来ないという人が多いです。

実際には自分の中で答えは決まっているいう人も多いのですが、食事に行くとメニューがたくさんあって決めることが出来ないという意見も多いです。

女性は男性よりも迷いやすいので、このような時は男性が食べるものを決めていくと良いです。

「嫌いなものがあったら言ってね」と言っておき、後は自分が中心になって選んでいくと女性は嬉しいでしょう。

このときは男性が好きなものばかり注文しないで、女性が好きそうな料理も注文するようにしましょう。

大きな決断も男性が行った方が良いです。

付き合うための告白や、気持ちを伝える時は男性のほうからアプローチした方が良いでしょう。

最近は女性のほうから接触的にアピールしてくれるケースも多いので、一概にはいえないですが、相手が大人しいタイプの時は男性が行動を起こして上げましょう。

夫婦になるとお金に関する大きな決断が増えます。

家を買うときや、車を買うときなどは男性がリードして決断するべきでしょう。

逆に子どもの教育などは女性の意見を尊重した方がうまくいきます。

恋愛においては、お金に関する大きな決断は無いですが、デートのときはお金を出した方が良いです。

最近はおごられるのが嫌だという強い女性も多いので、相手のタイプをしっかりと見極める必要があります。

お金を出してくれるタイプの女性の場合は、全額をおごらずに、自分の分は自分で出してもらうと嫌な気分をさせずに上手くいくと思います。

■ 新しい恋愛を成功させたい、今の彼女と長続きしたい方へ
  おすすめの有料恋愛マニュアルはこれ!
男性向けの恋愛マニュアル