恋愛における執念を手放すとはどういうこと?

スポンサーリンク

執念というのは、恋愛においてある種必要な要素だったりはします。

一途に相手のことを思う、どうしても大事にするべき縁だと思うから長年温め続けたのちに実らせる、などが素敵なことと感じますよね。

このことからも分かるように、その人やその恋だからという思いでこだわる執念の気持ちがもしなかったら、あまり恋愛が喜ばしいものではなくなることも結構あるのです。

そのため、執念を手放すべきと考えなければならないとしたら、それはその思いが人を傷つけてしまうようなマイナスの現象を呼び始めた場合とイメージしてみるとよいと思います。

男性 女性

話せばきっと分かってくれると思っていたけれどどうしても相手と噛み合わなくなっていく、よかれと思ったことがあまり喜んでもらえないなどです。

また、自分はこれは良いものだと思ったものを、相手も同様に感じて受け取ってもらえないという状況が出てきたら、その人に何としてでもこだわるという気持ちは捨てるべきかなと思ってみるといいかもしれません。

それでもし、やっぱり本格的にその恋を追うことはもうしない方がいいのかもとなった場合は、いよいよその気持ちを手放すことにしましょう。

スポンサーリンク

ただ、心の中でまだ好きなものを無理矢理否定しようとしても困難なこともあります。

そのような思いが残ってしまう場合、その思いが浮かぶごとに「あきらめよう」「さよなら」という言葉をそれに対して意図的に思ってみるとよいです。

別れることがお互いの幸せと感じたのなら、執念を手放して新しい恋を見つけましょう。そして、お互い新しいパートナーと付き合った方が幸せになれるでしょう。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント