結婚適齢期はどのように変わってきているの?

スポンサーリンク

結婚適齢期とはご存知とは思いますが、結婚するのに男性も女性も適していると思われる年齢のことを言います。

日本の結婚適齢期と世界のそれぞれの地域との結婚適齢期は、地域性、文化、社会情勢などによって多少異なっています。

また、結婚適齢期は女性の出産に適した年齢があるため、男性に比べて女性の年齢が若くなる傾向があります。ただ、ここでは男性と女性をあまり区別せずに、およその結婚適齢期と、その流れや変化などを説明していきたいと思います。

男性 女性 ライフスタイル

日本の結婚適齢期ですが、最近は上昇傾向にあると言われています。昔は結婚適齢期は約23歳~25歳ぐらいと言われていました。しかし、ここ数年を見てみると、この23歳~25歳の結婚適齢期をすぎても結婚しない人が多いようです。

結婚適齢期が変わってきたのではないかと言われています。30代で結婚する人が増えてきているので、結婚適齢期を過ぎている方が増えているという考え方と、30歳ぐらいが結婚適齢期に変わってきたという考え方もあるようです。

話は変わりますが、結婚適齢期ではないのですが婚姻適齢というものが日本では定められています。

日本では男性は18歳以上、女性は16歳以上が結婚をしてもいい年齢として法律で決められています。なので、10代や20代前半で結婚する人もいますが、全体的な数からいうと少ないようです。

スポンサーリンク

また、以上でもお話しした通り、結婚適齢期はそれぞれの国の文化や社会によっても違ってきますし、時代や経済状態などによっても違ってきます。

それと、国や社会全体で結婚適齢期を見るのではなくて、それぞれ個人で見ることもあるようです。

例えば、自分が若いと思っていても、親の勧め・催促的なことによって結婚適齢期が左右されるようです。それに、親がある程度の年齢になってくると、介護の問題や結婚ドレスを着た姿を見せてあげたい、孫の顔を見せてあげたいなどの理由で、結婚を考えざるを得ないこともあるそうです。

あと、結婚適齢期を逃した人のことを行き遅れとよく呼ばれますが、結婚適齢期が変わってきているので、行き遅れと呼ばれる年齢についても変わってきていると思います。

このように、結婚適齢期についての考え方は様々です。

また、世間の結婚適齢期に合わせて結婚したいと思う人もいると思いますし、結婚適齢期を過ぎてもじっくりとパートナーを探したいと考えている人もいると思いますし、結婚適齢期よりも仕事を優先したいと考えている人もいるでしょうし、受け止め方も人によって色々あると思います。

ただ、いずれ結婚したいと思っている人は、自分の考え方や受け取り方もありますが、親のことや社会情勢などによって結婚適齢期が左右されることがあるので、結婚適齢期というものを意識しておいた方がいいかもしれません。

コメント