結婚の形態※世界にはどんなものがあるの?

スポンサーリンク

結婚の形態についてお話ししたいと思いますが、日本での結婚形態は一夫一婦制です。

一人の男性に一人の女性という結婚の形式ですが、日本だけではなくほとんどの国々でこの一夫一婦制の結婚の形態が使われているようです。

世界の一般的な一夫一婦制ですが、欧米から世界中に広まったと言われています。これは、キリスト教の婚姻制度が関係しているようです。

教会

ヨーロッパでは夫も妻も貞操義務を義務を持っていますが、日本では第2次世界大戦前は妻だけに貞操義務があったと言われています。

その多い一夫一婦制の他にも、世界には他の結婚の形態があり、一夫多妻制というものがあります。これはテレビや他の情報などでご存知の人が多く説明しなくてもお分かりと思いますが、一人の男性が多くの女性と結婚している形態です。

イスラム教の文化の影響を受けている国が、この結婚のスタイルを使っているようです。ただ、どの男性もたくさんの奥さんをもらえるというわけではありません。

スポンサーリンク

たくさんの奥さんをもらうためには、経済的に豊かであることが必要になってくるようです。

ただ、一夫多妻制の結婚の形式については、ヨーロッパなどからは男尊女卑にあたるとして非難をされているようです。

一夫多妻制とは逆の一妻多夫制という結婚の形態もあります。一人の女性が、多くの男性と結婚する形式ですが、この結婚のスタイルを採用している国は今はないようです。

しかし、これに近い形式としてチベットなどでは、妻がたくさんの兄弟を夫としているところがあるそうです。

このように、様々な結婚の形態が世界にはあるようですが、冒頭でも述べたとおり一夫一婦制が多くの国で採用されているようです。

コメント