結婚式の種類は日本ではどんなものがある?

スポンサーリンク

結婚式の種類は様々なものがあります。世界で行われている結婚式も含めれば、本当に色々な種類があるので、ここでは日本の結婚式の種類と内容について触れたいと思います。

ただ、近年は日本に住む外国人も増えており、日本でも多様化が進んでいるかもしれません。

そこで、ここでは代表的と思われる日本の結婚式の種類と内容について述べたいと思います。

悩む 考える 男女

まず、結婚式と言えばチャペルを連想する人も多いのではないでしょうか。結婚式の種類の一つである、チャペル式の結婚式ですが教会やホテルで挙げられます。

もともとはチャペルは教会に置かれていたと思うのですが、結婚式場の中に教会が作ってあってチャペル式の結婚式を挙げることが可能です。特に、教会とホテルでどちらが良いというものではないと思うので、お好みで選択されるといいでしょう。

次に、神前式と呼ばれる結婚式の種類があります。これは、日本の由緒正しい結婚式の形式と言えるのではないでしょうか。

この神前式の結婚式の場合は、親族のみが結婚式に参列するのが通例となっているようです。

スポンサーリンク

それと、近ごろ増えてきている結婚式のスタイルとして、人前式と呼ばれるものがあります。人前式とはどんな結婚式の種類かというと、参列者や立会人の前で結婚を宣誓するというものです。

人前式が選ばれる傾向としては、オリジナルウェディングをしたいという人や、結婚式にかかる費用を節約したいという人が選択をしているようです。

あと、仏前式という結婚式の種類があります。これは、仏教系の結婚式の形式ですが、ホテルや結婚式場では、あまり実施されていない結婚式のスタイルだと思います。

このように、結婚式といっても種類は様々です。

宗教の信仰心が強い人は、その宗教にのっとった結婚式のスタイルにする場合が多いようです。ただ、パートナーもその宗教を信仰しているとは限らないので、このあたりはお互いの相談が必要かと思います。

また、先ほどあげた人前式の結婚形式を選ぶ人が増加傾向にあり、ハウスウェディングや迎賓館、レストランなどで結婚式を行っているようです。

コメント