結婚式の結納もいろいろある?

スポンサーリンク

結婚式の結納ですが、その形式については色々あるようです。

まず、正式と言われている結婚式の結納は、結婚をする両家を仲人が使者になって2往復して、結婚式の結納を行うというものです。

これが、正式と言われている結婚式の結納ですが、時間も手間もかかる方法です。仲人さんもそうですが、両家にとっても負担が大きいやり方だと思います。

結婚式 結納

昔からの伝統の方法とも言えますが、近頃はこの正式な結婚式の結納を行っている人は、ほとんどいないでしょう。

近頃は略式結納と呼ばれる、結婚式の結納を行う人が多いと思います。

略式結納についてもいくつか方法があるかもしれませんが、一般的と思われるのが、まず結婚式の仲人をたてません。

両家だけが結婚式場や料亭、ホテルなどに集まって結納を行う方法です。結納を行う人は、この略式結納で済ますケースが多いようです。

スポンサーリンク

また、結婚式の結納そのものを行わないカップルも増えているようです。ただ、結婚式の結納は行わないけど、両家の顔合わせがしたいという人もいます。

その場合は、ホテルや料亭などで両家で食事会を開いているようです。これで結納金の節約ができますから、食事会など両家が集合できる場をつくって、結婚式の結納の代わりとしていると思われます。

このように結婚式の結納は変わりつつあり、昔ながらの盛大に行ったり、仲人を立てたりというカップルが減少傾向にあるようです。

ただ、どの結婚式の結納がいいかは一概に言えるものではないので、カップル同士はもちろん、両家とも話し合えるのであれば、話し合って決められるのがいいのではないでしょうか。

コメント