きょうかい(羌瘣) ※『キングダム』で仇討のために生きる少女

スポンサーリンク

漫画『キングダム』に登場する、きょうかい(羌?)は羌族の少女で刺客一族の後継候補として育てられました。

『キングダム』の主人公、信の年齢より一つ下です。

蛇甘平原編で信と出会います。編成された隊で自己紹介の時、「人と話すことが嫌い」ときょうかい(羌?)は言い、人と接することを極端に嫌っていました。

ただ、信の戦いを見ているうちに、助言的に発言をするようになります。

また、緑穂(りょくすい)という剣を武器に戦い、剣の腕までは相当なものです。

蛇甘平原の戦い後は、きょうかい(羌?)は「その戦い方で死ぬ」と告げに信の家に訪問しますが、一緒にいた河了貂(かりょう てん)らと話しているうちに何となく打ち解け、信の家に一夜泊まることになります。

そこできょうかい(羌?)は自分が女性であることや、一族の幽連に復讐するためだけに生きる道を選び、里を出奔したことなどを話します。

そして朝が明け、きょうかい(羌?)は信の家を後にしますが、『キングダム』ではその後、きょうかい(羌?)は飛信隊副長兼羌?隊千人将となります。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント