名探偵コナン※ジンの正体が徐々に明らかに

スポンサーリンク

ジンは漫画『名探偵コナン』の主人公・工藤新一にAPTX4869という薬を飲ませた張本人です。

そのせいで、工藤新一は体が幼児化してしまい、正体を隠すために江戸川コナンと名乗るようになります。

作品の序盤では、黒の組織と呼ばれるところに所属していること、ジンというコードネームで呼ばれていることぐらいしかわかりませんでした。

そして、『名探偵コナン』の物語が進むにつれて、ジンの正体が徐々に明らかになっていきます。

長身痩躯(ちょうしんそうく)の男性でドイツ語が堪能。着ている黒いロングトレンチコートには、防弾ジャケットが仕込んであります。

組織の実行部隊のリーダーで、鋭い洞察力と観察力を持つ上に、用意周到で用心深い人物です。様々な分野に関して専門家に匹敵する知識を持っており、狙撃も一流の腕を持っています。

新一はジンの素性や正体を全く知らなかった時から、「平気で殺人を繰り返してきたに違いない」と感じていたそうですが、まさにその通りの人物です。

組織から指示された殺人の標的がたとえ仲間や無関係な一般人、子供であったとしても笑みを浮かべながら銃弾を放つなど、人命を奪うことにためらいや抵抗を全く見せない残虐さを持っています。

「疑わしきは罰するがモットー」と語っており、仲間が少しでも疑わしい場合は、容赦なく殺すことをためらいません。

以上のように、ジンの人物像が浮かび上がってきていますが、まだまだ正体がわからないことが多いです。

『名探偵コナン』の今後の行方に目が離せないですね。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント