ディアンヌとキングの過去※記憶喪失の中で・・・

スポンサーリンク

伝説の騎士団「七つの大罪」の団員である、嫉妬の罪(サーペント・シン)のディアンヌ、そして怠惰の罪(グリズリー・シン)のキング。

この2人は「七つの大罪」の団員として、初めて出会ったことになっていますが、実はもっと昔に出会ったことがあります。

でも、ディアンヌはその過去を覚えていません。

約700年前、戦いを拒み巨人族の里からディアンヌは出奔していました。その時に、キングと出会っています。しかし、その時はキングは記憶喪失になっており、ハーレクインの名しか思い出せませんでした。

なにか重大な過去を忘れている気がするとは思いましたが、ハーレクイン(キング)は思い出せませんでした。

そこで、約500年間もの時を共に生活し、お互いに想い合う仲となります。

しかし、妖精族の王としての贖罪を果たさなければならないことを思いだしたハーレクイン(キング)はディアンヌの記憶を消して、離れることとなります。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント