ディアンヌの魔力はどれくらい?どのような魔力の技があるの?

スポンサーリンク

ディアンヌは『七つの大罪』の一員で、「嫉妬の罪(サーペント・シン)」のディアンヌとも呼ばれています。

また、メガドーザの戦士である巨人族の少女です。

そのディアンヌの魔力は、闘級から導きだした数値では、闘級:3350(魔力900/武力1970/気力480)と言われています。

確かにこの魔力などの数値が高いと強いわけですが、ご存じの通り、敵との相性、魔力を出すタイミング、魔力に応じた技などによって闘級が高い敵でも勝てることができます。

『七つの大罪』のディアンヌは、砂の渦(サンドワール)、重金属(ヘビメタ)、大地の怒号(マザー・カタストロフ)、双子の巨像(フィレアンドロース)、ドロールの舞などの魔力の技があります。

スポンサーリンク

特に、ドロールの舞はドロールから受け継がれた巨人族の舞で、踊る事で闘級を継続的に高めていくことができる魔力です。

こういった魔力を駆使すれば、ディアンヌは闘級が高い敵でも勝てることができるわけですが、性格が優しい彼女は非情になりきれない甘さがあり、戦闘では本来の実力を抑制してしまうこともあります。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら