ディアンヌがドレファスに対して苦戦を強いられる!

スポンサーリンク

ディアンヌは『七つの大罪』の一員で、巨人族の少女です。

「嫉妬の罪(サーペント・シン)」のディアンヌとも呼ばれ、『七つの大罪』の中では一、二を争う怪力の持ち主です。

一方、ドレファスは二大聖騎士長のひとりで、先代聖騎士長ザラトラスの異母兄弟にあたります。

強い求心力とカリスマ性を持ち、剣術にも秀でている傑物です。

このディアンヌとドレファスが戦ったのですが、ディアンヌは苦戦を強いられます。

スポンサーリンク

ディアンヌは持ち前の怪力や大地系の魔力で対抗しようとしますが、さすが聖騎士長と言われるだけあってドレファスの魔力でダメージを受けてしまいます。

しかし、リオネス王国第3王女のエリザベスを助けたいという一心で、深手を負いながらもドレファスと戦おうとします。

他の聖騎士も現れ、ドレファス達からとどめをさされそうになった時に、キングが現れ彼女を助けます。

こうして、ディアンヌは助かることができましたが、ドレファスの戦闘力は相当なものといえるでしょう。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら