ドレファスは兄に強い劣等感をつのらせていた・・・

スポンサーリンク

ドレファスは二大聖騎士長のひとりです。もうひとりは、親友ヘンドリクセンが聖騎士長を務めています。

強い求心力とカリスマ性を持ち、剣術にも秀でているドレファスですが、兄である先代聖騎士長ザラトラスに強い劣等感を持っていました。

その兄のザラトラスは『七つの大罪』の団長のメリオダスと互角に戦える程強く、最強の聖騎士と言われていました。

『七つの大罪』にも慕われており、性格は真面目だが軽い感じでした。

その優秀な兄への劣等感がそうさせたのか、ドレファスはヘンドリクセンと共謀し、実兄である先代聖騎士長ザラトラスを殺害し、『七つの大罪』に罪を着せました。

スポンサーリンク

その後は、『七つの大罪』と聖騎士たちの戦いとなりますが、ドレファスが改心し、『七つの大罪』と共に、魔神となった親友ヘンドリクセンを倒します。

こうして、リオネス王国に一時の平和が訪れますが、「十戒」の魔の手が忍び寄ります。

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

『七つの大罪』が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら