トンイは実話なの?※トンイのモデルとなった人物

スポンサーリンク

人気の韓国ドラマ『トンイ』では、主人公のトンイが賎民の出身ながも明るく生き、努力と知性、そして行動力で王の側室の淑嬪(スクビン)という正一品相当の位までなった生涯が描かれています。

トンイは側室になった際、禧嬪張氏(ヒビン チャンシ)と熾烈な権力闘争を繰り広げることになるわけですが、実際にトンイという人物がいたのか気になる方もいるでしょう。

ドラマ『トンイ』は、淑嬪崔氏(スクピン チェシ)という実在した人物をモデルにして作られた作品です。

ただ、宮廷入りする前の明確な資料は残っておらず、「トンイ」と言う名前も含め、大半がドラマにおけるフィクションとなります。

なので、ドラマ『トンイ』は実話ではないのですが、すべてがフィクションというわけではありません。

実話を淑嬪崔氏(スクピン チェシ)の生涯とするならば、トンイと重なる部分は多くあります。

第19代国王・粛宗の寵愛を受けていたようですし、後の21代国王・英祖となる延?君(ヨニングン)も産んでいます。また、正一品相当の淑嬪(スクビン)にもなっています。それに、直接トンイの話ではないですが、仁顕王后が廃位され禧嬪張氏(ヒビン チャンシ)が王妃に一時はなっています。

このように、実話に基づいている部分もあり、ドラマ『トンイ』を完全に否定することもないと思います。

ただ、ドラマ『トンイ』では明るく努力家で正義感が強い人物として描かれていますが、この人柄についてはあまり明確ではありません。

トンイと対立した禧嬪張氏(ヒビン チャンシ)、本名は張玉貞(チャン・オクチョン)を主人公にした作品では、かなりトンイが悪い性格の持ち主として描かれています。

しかし、これは韓国ドラマに限らず、日本や他の国で描かれたドラマ・映画でも言えることで、主人公を誰にするかによって、対立側は悪く描かれるものです。

とにかく、トンイに相当する人物はいたわけですから、あまり実話であるかに固執せずにご覧になられるといいと思います。

韓国ドラマ『トンイ』を見たい方へ

『トンイ』を見たい方は、U-NEXTを利用されるといいでしょう。

他の韓国ドラマも見られるので、他の作品でトンイがどのように描かれているかを見るのも面白いかもしれません。また、映画・アニメなどの配信作品も多いので、きっと楽しめると思いますよ。

『トンイ』をU-NEXTで見たい方はこちら

コメント