チャンヒジェは実在したの?※『トンイ』の悪役・敵

スポンサーリンク

ドラマ『トンイ』の悪役と言えば、粛宗の側室ヒビン チャンシ(禧嬪張氏)、そしてヒビン チャンシの兄であるチャンヒジェ(張希載)を想像される方が多いと思います。

このチャンヒジェは頭はきれるが表裏の激しい性格で、妹を王妃にして自身も権力を手に入れるべくあらゆる陰謀に手を染める姿がドラマ『トンイ』では、描かれています。

トンイにとっては敵にもあたる人物ですが、チャンヒジェは本当に実在したのでしょうか?

結論から言うと、チャンヒジェは実在したようです。ただし、ドラマ『トンイ』に描かれているような人物であったかは定かではありません。

ヒビン チャンシについては情報が多いのですが、チャンヒジェについてはほとんど情報がなく、詳しく調べられませんでした。

ただ、ヒビン チャンシは燕山君の後宮張緑水、中宗の王妃文定王后に仕えた鄭蘭貞とともに「朝鮮三大悪女」と呼ばれており、チャンヒジェは最期に斬首刑に処せられた所から推察すると、謀略に関与していた可能性は高いと推察します。

実在したチャンヒジェはどこまで謀略に関与していたかわかりませんが、ヒビン チャンシのため、自分自身のためにトンイを敵対視していたのではないかと思います。

ドラマ『トンイ』を見たい方へ

以上の話を読んで、ドラマ『トンイ』が見たくなった方はU-NEXTを利用されるといいでしょう。

『トンイ』を最初から最後まで見れますし、他の韓国ドラマや映画なども楽しめるのでおすすめです。

『トンイ』をU-NEXTで見たい方はこちら

コメント