初デートの誘い方!好きな女性と親しくなる恋愛の第一歩

スポンサーリンク

はじめて好きな女性をデートに誘うというのは、誰しも緊張するものです。

断られたらどうしようと不安になる気持ちのほうが強くなる人もいるでしょう。

しかし、誘い方ひとつで無理だと思われた女性との恋愛もスタートさせることが出来ます。

好きな女性をデートに誘って、成功率を高める方法にはどんなものがあるでしょうか。

男女の食事

デートの誘い方よりも前に、ある程度親しくなっておく

まず、大切なことは誘う前の段階にあります。

いくら職場が同じあるいは同じクラスだったとしても、挨拶すらまともにしたことがないのにいきなり誘っても断られる確率のほうが高くなります。

手始めに挨拶や休憩時間などに会話することからはじめましょう。

仕事や勉強で相手が困っているときに手助けしてあげるのも良い作戦です。

相手の喜び方や受け答えで脈が有りそうかどうかも知ることができます。

毎日、短くても雑談ができるレベルになったら誘ってみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

恋愛やデートは段階的に行い、お互い無理をしないように

初デートに女性を誘うときに大事なのは、相手が興味をもっていることをネタに誘うということです。

音楽が好きな子ならライブやコンサート、グルメな子ならレストランといった具合です。

こうしたネタを探るためにも、普段から雑談しておくことが重要です。

絵画にあまり興味がない女性に、美術館に誘っても良い返事はもらえないでしょう。相手が好むものを把握することが大切です。

その女性が好きなことに誘うのは良いのですが、最初からハードルを上げすぎないことも大事です。

たとえば、クラシック音楽が好きだからといっていきなり国立劇場で海外有名楽団が演奏するようなコンサートに誘っても、相手が緊張して引いてしまいます。

最初はすぐに行ける近場で、肩の凝らないレベルの内容にするのが秘訣です。

値段もそれほど高くないので、誘われたほうも了承しやすいでしょう。

スポンサーリンク

軽い勢いやノリで誘ってみるのも一つの方法

あまりハードルを上げないことと同時に、「デート」という意識を持たせずに誘うということも重要です。

最初からその単語を出してしまうと相手の態度が硬くなって断られやすくなります。

テレビで話題のレストランが面白そうだったので出かけてみませんか、といったように何となく2人で見に行ってみるような気軽さで誘うのが得策です。

一緒に出かけようと思っている時間帯も昼間にし、何時から何時頃までと大体の予定を示すのも了解してもらいやすくなるコツです。

もし相手の女性もこちらに好意があったとしても、はじめての誘いというものには誰でも緊張してしまいます。

その緊張した気分を上手く使って、気軽に出かける気分にさせることが誘いを成功させるポイントです。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら


コメント