恋愛の仕方を忘れた男性へ※恋愛の進め方とアプローチ方法

スポンサーリンク

恋もしばらくしないと仕方を忘れてしまうことがありますが、もし男性が恋愛の仕方を忘れた場合はどうしたらいでしょうか。

よくあるのは、10代から20代前半のころまでは彼女がいても、それから仕事に忙しくなり気がついたときには全く出会いがなくなっているパターンです。

特に30代ぐらいになると、周りから合コンに誘われることもなくなり、よほど自分が積極的でない限り異性と出会うことは難しくなります。

それと同時に、恋愛の勘も戻らなくなりなかなか行動に踏み切れません。

そうすると、次第に奥手になっていき女性を探そうとする気もだんだんとなくなってくるでしょう。

そうすると一生出会いがないことになりますが、ほとんどの人はそこでふと「自分はこのまま女性と付き合わずに一生を終えていくのか」と気がつきます。

そのように考えるタイミングこそが、本格的に行動するきっかけになるといえるでしょう。

考える男性

恋愛の仕方を忘れた人は、まず見本から学ぶ

ただ行動の仕方が分からず、またアプローチの仕方が分からないため苦労するわけです。

まずしばらく恋をしていない男性は、見本となる人を見つけましょう。

実際に自分の周りにそのような人がいればよいですが、もしそのような見本になる人がいなければ、とにかく恋愛漫画や恋愛アニメあるいは映画などでもよいので見てみることです。

そうすると、昔に持っていた非常に大事なものを思い出す可能性があります。

もちろんそれが、最初に見た漫画やドラマで思い出すとは限りません。あくまでも疑似体験ができてしかも自分の体験と似ている例が必要になります。

そのために、スイッチが入るのに半年から1年ぐらいかかることもあるかもしれません。

一度スイッチが入った場合には元に戻るきっかけができたのと同じで、そこからもう一度恋の準備をしてみましょう。

スポンサーリンク

相手の話を聞くようにする

相手にアプローチをする方法ですが、10年も経過すると自分もそれだけ歳をとっています。

そのため、あまり軽い気持ちで行うよりも丁寧に紳士らしく行いましょう。相手を選ぶときは、自分よりも年下すぎる人を選ばず、自分と同じぐらいの年齢の人を選んだほうがいいと思います。

その方が将来の恋や結婚につながる可能性が高くなります。

アプローチをするとすれば、まず相手の話を徹底して聞くことをしましょう。自分の話は相手から聞かれた後に話せばよいです。

そして、可能な限り気遣いをして相手を持ち上げることが重要になります。もし、その段階で自分に合っていないとすれば別の女性にアタックをしましょう。

基本的には、誰が相手でもその人の話を聞くスタンスを崩さないようにする必要があると思います。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら


コメント