恋愛の平均交際期間は?どのくらいで長続き?

スポンサーリンク

恋愛の仕方は人それぞれですが、交際期間も人それぞれです。

驚くほど毎度短いスパンで交際が終わってしまう人もいれば、初めての恋人とゴールインというのも意外と多い現実があります。

では一般的に長続きと言われる恋愛には、どれくらいの交際期間が必要なのでしょうか。平均的な数字と併せて、見ていきましょう。

女性 案内

長続きと言われる期間について

まずどのくらいで長続きなのかということについてですが、これは3年から5年以上の交際期間を過ぎるとそう言われるようになります。

この根拠となるのが、交際開始から結婚に至るまでの期間です。

実はカップルが夫婦になるまでの平均交際期間が約3年とされており、この数字に達すると長い付き合いと考える風潮があります。

早ければ1年から2年でマンネリを迎えるカップルもいますが、これくらいでは決して長いとは言えません。

一方で全カップルの平均的な数字で見ると、大体2年から3年で交際期間を終えることが多いです。

数字で見ると短いように思えるものの、これくらい付き合いがあると色々と相手のことも知り嫌な一面が見始めます。

交際当初のような熱さも徐々に冷めてくる場合が多いため、妥当な数字なのかもしれません。

スポンサーリンク

3年の壁を乗り越えるかがポイント

つまり3年の壁をどう乗り越えるか、これが恋愛を長続きさせるためのターニングポイントです。

逆にこの3年という壁を乗り越えることが出来れば、そのカップルの結婚率も上がると考えていいでしょう。

中学生や高校生の恋愛ではこの限りではありませんが、お互い社会人というカップルであれば極めて参考になる数字だと思います。

同時に、同じ恋人と5年以上も付き合うこと、この難しさや凄みも顕著となります。

もちろんそこまで交際しても結婚しない場合や、別れることも多々あるのは間違いありません。

その代わり周囲からも長いカップルと羨ましがられ、毎度すぐ別れてしまう人の何倍も好印象を持たれるはずです。

以上の数字はあくまで参考程度ですが、この恋愛を何年続けようなど普通は考えません。

本当に長続きする相手とは自然と交際期間が長くなるものですし、無理に意識はせず恋愛を楽しんでください。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント