このすばのカズマとアクア※微妙な男性と使えない元女神

スポンサーリンク

漫画『この素晴らしい世界に祝福を!』、通称『このすば』の主人公、佐藤和真(カズマ)は不慮の事故で高校生で命を落としてしまいます。

そして、天界で女神アクアに異世界への転移を持ちかけられます。

アクアが言うには、「異世界には望むものを1つだけ持っていける」とのこと。しかし、その態度があまりにもカズマを馬鹿にしたものだったのでカズマは激怒し、アクアを「異世界に持っていくモノ」として指定し、転移に巻き込みました。

こうして転移した2人がお互いを罵り合いながら、冒険をしていくのが『このすば』の魅力です。

それで、異世界「アクセルの街」に降り立ったカズマとアクアですが、カズマは平凡な冒険者(運勢だけが異常にいい)のはわかるのですが、女神だったアクアも運勢と知能は低いがそれ以外の全ステータスが高い、微妙なアークプリーストとなります。

つまり、2人とも冒険者としては能力が乏しいということです。

これでは不安なので、供をしてくれる冒険者を募りましたが集まらず、仲間になってくれたのは爆裂魔法の使い手だが1発撃つと動けなくなるアークウィザード「めぐみん」と、見た目は美女だがマゾヒストで攻撃が全く当たらない変態クルセイダー「ダクネス」だけでした。

なんとも頼りないので、カズマはスティールという盗賊のスキルをとりあえず手に入れました。といっても、女性の下着を盗むという技術に長けており、戦闘に役立つかはわかりません(^^;)

不安な感じですが、『このすば』ではこのどうしようもない4人がドタバタしながら冒険をしていく姿が描かれています。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント