片思いは期待しないこと!?その方がうまくいくかも

スポンサーリンク

好きな人ができると、その相手のことが気になり意識しすぎてしまうことがあります。

片思いでは、過度に期待してしまうことが多く、それによって失敗してしまう方もいるでしょう。

なので、片思いではあまり期待しないほうがうまくいくこともあります。

会話をする男女

期待すると逆効果!?期待しないで自然体を保つ

片思いの相手と会話をすることや何か一緒に行動する機会があると、相手がしゃべっている内容、なにげなくする仕草などにもつい意識が向いてしまいます。

そして、ちょっとしたことでも過度に反応してしまったり、しゃべっていることに対して深読みしてしまい勘違いを起こすなど、相手を意識しすぎてしまうことで、関係がぎくしゃくしてしまう可能性があります。

相手からしてみても、過剰な反応や過度な緊張している雰囲気を感じてしまうと相手をするのが疲れてしまう可能性もあり、お互いの距離感もなかなか縮まりません。

そのため、片思いの相手に対しては過度な期待をせずにできるだけ普通に接するように意識していきましょう。

自然体で、相手と接することができれば相手もこちらに対して接しやすくなるため自然と、会話をする機会なども増えてくることにもなり、結果としてお互いの距離を縮める近道にもなるでしょう。

スポンサーリンク

友達感覚で話すとうまくいくかも!

相手に好意を抱いていると、相手にその気持ちを気付いてほしいと思う気持ちも理解できますが、急接近するよりも少しずつ距離を縮めていくように心がけることが大切です。

恋愛というのは、自分本位に動くのではなく、相手の気持ちなども考えお互いが思いやることが重要なポイントといえます。

気楽に考えること、いっそのこと友達感覚で相手と接してみるというのも有効です。

友達同士なら、気楽に会話をすることもできれば、何人か誘って一緒に遊びに出掛けるなどの行動もとれるでしょう。

二人で行動をするのはちょっと緊張してしまうという場合には、友達感覚で他の人達も一緒に遊びに出掛けてみるのも片思いの相手に過度に緊張せずに接することができるでしょう。

このように、相手に対して意識してしまう場合には、いろいろな状況を考えてセッティングしてみるということも重要です。

相手に好意を抱いているからといって、二人きりの状態が難しいというなら、自分にとって緊張しなくてすむような状況を作り出してしまうことも有効な手段です。

相手との距離を縮めるきっかけを作るためにも、自分が緊張せずに接することができる状況を利用してみましょう。

後は、タイミングを見計らって告白するだけです。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント