片思いの相手が好きすぎて重い女性にならないように

スポンサーリンク

片思いの相手がいるという場合には、その人のことを目で追ってしまうことや積極的に話しかけたり、一緒に出掛けたいからとその人のために予定をあけるくらいのことはしてしまいます。

しかし、相手のことを好きすぎてしまうと、このような行動がかなり過剰になってしまい相手から重い女性と思われてしまうこともあるでしょう。

そのような状態になってしまうと、片思いの相手のほうが警戒して、離れていってしまうこともあります。

重い女性にみられないための行動をとるようにしましょう。

女性

相手を過剰に見るのは止める

基本的に、片思いなら相手が近くにいればつい見つめてしまう、どのような行動をしているのか把握したくなる気持ちも理解できます。

しかし、相手からすれば、こちらに対して好意を抱いていない段階、状況によってはただの知り合い程度にしか思っていないならあまり見つめられてしまうと、ちょっと気まずい雰囲気となることもあるでしょう。

特に、お互いの視線が合ってしまうことが何度となく繰り返されてしまうと、なぜいつも見られているのかと不思議に思われてしまいます。

好意で相手のことをつい見つめてしまう、探してしまうことは時には、重い女性と思われてしまうため注意しましょう。

普段は、気になる相手でもできるだけ自然にふるまい、あまり見つめることはしないように心がけることが大切です。

スポンサーリンク

片思いの相手とある程度交流があっても、距離感を意識して行動を

また、片思いの相手とある程度親しいという場合には、一緒に出掛けることもあるでしょう。

ですが、他のことをないがしろにして、片思いの相手を最優先な行動を取り続けている場合には、相手が気付いてしまいその行為に対して、警戒心を強めてしまう可能性がでてきます。

お互いの仲が進展すれば別ですが、両想いになっていないのなら、その関係に合わせた距離感を意識して行動をとることも重要です。

ある程度、相手の予定に合わせて行動することは大切ですが、自身の生活スタイルを無理に相手に合わせる必要はありません。

スポンサーリンク

メールはほどほどに

あと、お互いに連絡などを取り合うような仲の場合には、メールやSNSなどを通じてメッセージのやり取りをすることもあるでしょう。

このような場合でも、相手からの反応が嬉しくて、ついいつまでもメッセージをやり取りしてしまいたくなる傾向がありますが、これも重い女性と思われてしまう可能性が高まります。

ある程度、日常会話やプライベートな話題を出すのはかまいませんが、常識の範囲内にしておき、相手の生活なども考慮しながらやり取りをすることが大切です。

おすすめ情報
モテ女になりたい方はこちら


コメント