片思いの人と緊張して話せない女性へ※緊張しないで話すコツ

スポンサーリンク

相手が自分のことを思ってくれているかどうかわからず、ずっと片思いを続けている男性には積極的に話せないという女性が少なくありません。

いや、むしろ好きな人の前では、ドキドキして話せないので自分が相手のことを好きだということも相手が自分のことをどう思ってるかも聞きだせず、わからないままで片思いを続けているのです。

同性の友達や、好きという感情のない男性なら平気で話したり笑い合ったりできるのに、好きな人の前なら緊張してしまうのはなぜでしょうか。

考える女性

自分を良く見せたいことが緊張に

その理由の一つに、自分を良く見せたいという気持ちが出てくるからです。

好きな相手にはどうしても、自分を悪く思われたくなく、「かわいい子だな」とか「素敵な女性だな」と思われたいというのが誰にでもある感情です。

そのようにいいように思われたいという感情が先に出てしまうと、自分がどのようにふるまってよいかわからなくなって緊張が高まるということです。

それに、片思いの相手の前では、良く思われたいという反面、「今日の服装は可愛くないかな」とか「つまらない子と思われないか」など自分に自信がなくてびくびくしてしまう場合もあります。

また、相手から話を振ってくれればそれについて答えられても、いざ好きな相手を目の前にしたときは一体何を話せばよいのだろうかと頭の中で何も考えが出てこなくなり、「あの、あの」という状況に陥ってしまうということもあります。

さらに相手のことを好きすぎるあまり、心臓がドキドキしすぎてパニックのようになってしまい、どうしたらよいかわからなくなって緊張が増し、それがまたパニックを起こすという悪循環に陥ってしまうということもあるのです。

このように、自分を良く思われたい、または自分に自信がなくて悪く思われたくない時、何を話したらよいかわからなくなる、ドキドキして興奮しすぎてパニック状態になるということが、緊張の原因です。

スポンサーリンク

好きな人と会える頻度を増やして慣れていこう

それでは、片思い中の相手にはどのようにすればうまく接することができるのでしょうか。

その一つは、相手に慣れるということです。

1度や2度会ったくらいでは、なかなかうまく話せなくても、3度目、4度目と会っていくうちにだんだん慣れてくるものです。

初めは自分を良く見せたいと必死な気持ちになっていても、会う回数を重ねて慣れてくればはじめのころほどそのようなことも思わなくなってくるはずです。

次に、もし会った時はどんなことを話したいということを考えておいたり、会った時はどんな自分でいるようにするのかをイメージしておくことで、突然のシチュエーションよりは緊張せずに済むことが期待されます。

おすすめ情報
モテ女になりたい方はこちら


コメント