片思い相手が好きすぎて重い男性にならないように

スポンサーリンク

片思いの女性に夢中になる人は少なくありませんが、重い男性になるのだけは避けましょう。

目当ての女性に夢中になるのは当たり前のことですが、常識を超えた言動には要注意です。

好かれるのが嫌という女性はほとんどいませんが、好かれすぎると面倒に感じてしまう人がいるのです。何事もほどほどにしておくのが好ましく、行き過ぎた好意は迷惑になることがあります。

人にはそれぞれ価値観が存在していますが、すべて相手に合わせるというのは好ましくありません。

相手に無理に合わせることで自分らしさを失ってしまいますし、女性からも敬遠される原因になるのです。

悩む男性

過剰に尽くすのは逆効果!

確かに女性としては尽くされると嬉しいでしょうが、それが過剰なものだと疲れてしまうことが少なくありません。

例えばプレゼントを毎日のように贈っていれば、相手は何を返せばいいのか迷ってしまうでしょう。

男性をお金目当てにしか思っていない女性であれば、どれだけもらっても心は痛みません。

しかしそうでない女性であれば、毎回プレゼントをしてもらったり、食事をおごってもらったりすると負担に感じるケースもあるのです。

相手女性の性格や価値観も関係してきますが、一般的に尽くしすぎるのは逆効果になります。

スポンサーリンク

女性に疲れさせない付き合い方をしましょう

それに重い男性が嫌われてしまうのは、相手を疲れさせるからです。

一緒にいて疲れる人と付き合いたいと考える女性はいないでしょう。

片思いをするのは自由ですが、それが相手にとって迷惑にならないように考える必要があります。

自分の行動や言葉が相手にとって負担になっていないか、自問自答してみるとよいです。

人間は自分自身の行動を客観視するのが苦手であり、痛い言動をしていても気づかないケースが少なくありません。

重い男性だと思われないためには、自分を知ることが大切になるのです。自分を知って一人前という言葉がありますが、これは恋愛にも当てはまると思います。

スポンサーリンク

メールは適度なやり取りを

また、メールの返信をすぐに要求する男性も重たいと思われることが多いです。

誰しも自分のスケジュールを持っていますので、相手に100%合わせることはできません。

こうした事情を把握してあげずに、自分の都合を押し付けると嫌われてしまいます。

細かいことは気にしないおおらかな女性であっても、それが毎日のように続くと次第に疲れてきます。

いずれにしても相手を疲れさせる人は、好かれないと考えて間違いありません。片思いの気持ちが大きくとも、それが相手にとって負担や迷惑にならないように配慮する必要があります。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら


コメント