遠距離で片思い中の相手に会いたい!会いに行く口実は?

スポンサーリンク

遠距離恋愛は、相手の顔を直接見ることができなかったり、声が聞けないといった寂しさがあります。

特に、片思いでまだ意中の相手と恋愛関係にない場合は、会いに行くのに理由や口実が必要なので大変です。

会いたいとストレートに伝えれば、自分の気持ちが相手に伝わってしまうので、何か理由が必要になってきます。

女性

近くの用事で寄るという口実

仕事で出張が多い人は、出張を口実に使えるので便利ですし、遠距離でも度々片思いの相手に会いに行くことができるでしょう。

しかし、都合良くそのような仕事に就いている人は限られるので、何か他に口実が必要になるケースが大半です。

何度も使うとバレてしまうので、頻繁な活用は禁物ですが、近くに立ち寄る用事で会いに行くという説明は使えます。

用事なら会う時間が取れるのも不思議ではありませんし、相手は疑問を抱かず予定を開けてくれるはずです。

ところが、頻繁に用事のついでに会いたいというと、たちまち口実に思われてしまうので要注意です。こういう綻びから片思いの事実がバレてしまうので、他の説明と組み合わせながら上手く活用したいものです。

スポンサーリンク

本などの貸し借りは効果的な方法

例えば、本などを貸し借りする関係であれば、借りる時と返す時に2回会うことができます。

これなら相手も納得ですし、違和感がないので片思いの疑念は抱かれず、遠距離の関係を縮められる結果に至ります。

前もって貸し借りの関係を構築することが前提ですが、週に1回程度の頻度で会いに行くとしても、不自然なところはないので安心です。

むしろ、定期的に安定した再開が楽しめるので、遠距離片思い中の人にとって有力な手段となり得ます。

スポンサーリンク

その他は悩み相談や土地案内など

同様の口実としては、話を聞いて欲しいという悩みの相談が活用できます。

相談は1回で済むことが珍しいですし、悩み解消を上手く引き伸ばすことができれば、複数回にわたって会いに行くことが可能です。

ただ、本当は悩んでいないと相手を騙す形になるので、良心が痛みかねないのがネックです。

逆にこちらが相談に乗る側に回ることができれば、相手を騙さず良心は痛まないので、相手から相談される方が理想的です。

慣れない土地なので案内をして欲しい、これも遠距離で使いやすい会う切っ掛けとなります。

相手の居住地が自分の出身地だと使えませんが、本当に行ったことがない土地であれば、説得力のある言葉を事実として相手を誘い出せます。

どのパターンを使うにしても、ある程度の関係性を確立していることが条件ですが、一定以上の関係ならいずれも使いやすいと考えられます。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント