結婚に関する指輪は二種類※その特徴は?

スポンサーリンク

結婚に関する指輪には、基本的に二つの種類があると言われています。

一つ目の結婚に関する指輪は、エンゲージリングと呼ばれる婚約指輪のことです。二つ目の結婚に関する指輪は、マリッジリングと呼ばれる結婚指輪のことです。

エンゲージリングとマリッジリング、それぞれの指輪の特徴ですが、エンゲージリングはダイヤモンドが付いている指輪を選ばれる人が多いようです。つまり、普段使うというよりは、保管用や特別な日につけるといった感じになっています。

婚約指輪 結婚指輪

それに対し、マリッジリングはシンプルな感じで普段つけやすいタイプの指輪を選ばれる人が多いようです。

そうはいっても、近頃は結婚の時にマリッジリングを購入しなくなってきているように思います。結婚指輪と婚約指輪を一つにしたものを購入する傾向があり、ダイヤや石が付いた指輪を選ばれている人が増えているようです。

この結婚指輪と婚約指輪を一つにした指輪は、セットリングとも呼ばれているそうです。

スポンサーリンク

結婚に関する指輪のエンゲージリングは婚約を証明する指輪で、先ほども述べたとおりダイヤモンドが付いているが選ばれることが多いですが、一粒大のダイヤモンドでソリティアのものが人気が高いように思います。

エンゲージリングを渡すタイミングは、結納の時が一般的とされていますが、近頃は結納を交わす人も減少傾向にあるので、渡すタイミングは特に決まっていないのではないでしょうか。

そして、結婚指輪とされるマリッジリング、または結婚指輪と婚約指輪を一つにしたセットリングは、当然ながら結婚式で指輪の交換時につけるものとなっています。結婚指輪についてですが、相場では2人で10万円~20万円程度のようです。

もちろん、ピンからキリまでありますので、これより安い場合や高い場合もあるでしょう。

エンゲージリング(婚約指輪)とマリッジリング(結婚指輪)または、セットリング(結婚指輪と婚約指輪を一つにした指輪)のどれを用意するかは、結婚式の形式によって選ばれるのがいいと思います。

コメント