結婚祝のお礼はどうしたらいい?

スポンサーリンク

結婚祝のお礼は、披露宴に残念ながら招待できなかった方でお祝いを頂戴したり、結婚についてお世話になった方々に、感謝の気持ちを伝えましょう。

そのために、結婚祝のお礼は結婚の内祝いを贈るといいようです。

その時の結婚の内祝いの金額ですがですが、半額くらいのものを送るのがいいとされているようです。目上の方には薄く、後輩には手厚くお礼するのが基本と言われていますが、感謝の気持ち次第で多少変えるのもいいと思います。

結婚祝 お礼 内祝い 結婚

結婚祝の内祝いは、熨斗(のし)の表書きには「内祝い」と書き、夫婦の名字を書くようにするといいでしょう。

また、結婚祝の内祝いを丁寧にしたい方がいる場合は、送るのではなく直接持参するのがいいと思います。そうは言っても、遠い方や時間の都合がつきにくい方は直接持参が難しいかもしれませんので、結婚式から1ヵ月以内に送るようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

それと、結婚祝の内祝いについては物だけではなく、新居でホームパーティーを開いて、結婚式の司会や受付をしてくれた友人たちをもてなすのもいいと思います。

あと、結婚式の内祝いにどのようなものを送るかですが、基本的には二人の気持ちをこめて選んだものであれば、何でも喜ばれるのではないでしょうか。

結婚祝の内祝いに、新婚旅行先のお土産を送る人も多いようなので、あまり深く考えすぎずに喜ばれそうなものを二人で選びましょう。

コメント