結婚祝を贈る時期はいつぐらい?決まりごとはあるの?

スポンサーリンク

結婚祝を贈る時期ですが、結論的に言いますと結婚式の招待状をもらってから結婚式のおよそ一週間前くらいまでに、結婚祝の金品を贈るのがいいと言われています。

結婚祝を贈る際は、可能であれば直接訪問して相手に手渡しするのがいいでしょう。しかしながら、相手にも都合があることですから、そんなに手渡しにこだわる必要はなく、結婚祝を送るのもいいようです。

その結婚祝を贈る時ですが、メッセージを添えるようにしたほうが相手にも好印象を与えることができると思います。

女性 案内

また、結婚祝を贈る時期は、基本は結婚式の前ですが、何らかの都合でお祝いの品が間に合わない場合は、結婚式が終わって二人の結婚生活が落ち着いてから贈るのでもいいと思います。

その時、どんなものが欲しいか聞けるほど親密な関係でしたら、直接聞いて希望の品を贈るのでもいいでしょう。ただ、それほど親密で無ければ小額の物を選んで、二人にあまり気持ち的な負担をかけないようにするのがいいと言われています。

スポンサーリンク

あと、昔は結婚祝を贈る時期は結婚式前の吉日の午前中に持っていくのがマナーと言われていました。しかし、近頃は相手先に訪問すると、かえって先方に負担がかかることもあるので、送るケースが多いようです。

結婚祝は、二人を祝いたいという気持ちを表すものです。

以上のことを述べましたが、必ずしもいつまでに結婚祝を贈らなければならないという決まりはありません。あくまでも目安として考え、二人を祝福する気持ちを優先して、結婚祝を贈られるのがいいのではないでしょうか。

コメント