ファランギースにギーヴは積極的に言い寄るが・・・

スポンサーリンク

ファランギースは、ミスラ神を信仰する女神官(カーヒーナ)です。

文武両道に優れる才女の上、黒絹の髪・緑玉の瞳・白珠の肌・糸杉の身体を持ち、「銀色の月のような」と称される、「自他共に認める」絶世の美女です。

弓の扱いに優れ、精霊(ジン)の声を聞き、水晶の横笛を奏でることで彼らを使役することもできます。

ファランギースは、アルスラーンを心身両面から支えている女性です。

その美しい美貌からギーヴに言い寄られますが、あっさりと拒絶しています。

ギーヴは負けじと、ファランギースを口説こうと何度もトライしますが、一向にその兆しが見えない感じです。それでも、ギーヴはトライするので、もはや彼女にあしらわれることを楽しんでいるようにも見えます。

こういった仲の2人ですが、いざ戦いとなるとアルスラーンを支え、勝利に結びつく職務をしっかりとこなしています。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント