アルスラーン戦記※ナルサスは政務・軍略双方に通じる軍師

スポンサーリンク

アルスラーンがパルス国の王位に就くには、ダリューンのような猛将も必要ですが、その猛将を有効に扱える軍師・参謀が必要です。

そのため、アルスラーンとダリューンは、ナルサスを味方にすべく、彼の家を訪ねます。ただ、ナルサスは最初あまり乗る気ではありませんでした。

しかし、アルスラーンの王としての器を感じ取ったナルサスは、アルスラーン軍の軍師となります。彼は、侍童のエラムと共にアルスラーンの味方となります。

ナルサスはシンドゥラ語を始めとする各国語を解し、政務・軍略双方に深く通じ、人心すらも的確に読み当てることができます。

まだ、若いアルスラーンにとっては、政治・軍事の師匠でもあります。

その上、ナルサスはダリューンには及ばないものの、相当の剣術の持ち主です。

軍師で剣も強いって凄すぎ・・・(^^;)

このように、ナルサスは才知に優れるものの、地位や名誉や金銭には興味がなく、芸術を愛し、絵を趣味としています。ただ、親友のダリューンにことあるごとにけなされているところをみると、あまり画才はないようです。

とにかく、武将としてはダリューン、軍師としてはナルサスを得て、アルスラーンは王になる道を進みます。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント