ギーヴ※アルスラーンに忠誠心を示す、飄々とした楽士

スポンサーリンク

流浪の楽士を自称する頭髪は赤紫色の美青年、ギーヴ。

アルスラーンの異称である「解放王」の名を最初に称したのは、ギーヴだとされています。

剣や弓の扱いから楽器、果ては女性の扱いにまでも優れ、ファランギースに好意を抱き、口説こうとしますが、いつも軽くあしらわれています。

そんな飄々とした彼ですが、特に弓の扱いに関しては神業的な腕前を誇ります。また、剣技についても、銀仮面ヒルメスの猛攻をしのぎ切るなど、ダリューン・ヒルメスには匹敵しないものの相当の腕の持ち主です。

いつもお気楽な感じのことを言いますが、アルスラーンに対する忠誠心は高いです。

特に、伝説の宝剣ルクナバードが納められたデマヴァント山へ斥候に1人で出かけた際は、偶然ヒルメスと出くわし、対決しています。

そのあと、アルスラーン軍に戻ってくるなど、忠誠心が高いことがうかがえます。それからの戦いもアルスラーン軍の中核として戦い、忠誠心を示しています。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント