ナッパを相手に天津飯は餃子の敵討ちに挑む

スポンサーリンク

天津飯(テンシンハン)と言えば三つの目を持つのが特徴的で、漫画『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)の中で、主人公である孫悟空に勝利した数少ない人物です。

第22回天下一武道会で勝利しました。また、兄弟弟子の餃子(チャオズ)とは、実の兄弟のような深い絆で結ばれています。

この高い戦闘センスを持つ天津飯ですが他の地球の戦士と共に、ドラゴンボールを狙うサイヤ人のナッパたちと戦っています。

ナッパの戦闘力は高く、餃子の超能力を跳ね除け、天津飯の左腕を一瞬にして殴り付けて切り落とします。

また、餃子に背中に張り付かれて自爆されましたが、全くダメージを受けず、天津飯の命と引き換えの気功砲を受けても、戦闘服を破損させ、身体の各所にかすり傷が付いただけでした。

それでも、天津飯は片腕を失いながらも連続で攻撃をしましたが、逆に手痛いダメージを与えられてしまいます。

こうして地球の戦士たちが諦めかけた頃、修行を終えた孫悟空が登場します。

悟空に襲いかかるナッパでしたが、界王の許で修行した悟空には攻撃が当たらず、逆に動けなくなる程のダメージを負います。

そこで、ナッパはベジータに助けを求めますが、非情なベジータは全身から放った強大な気功波にでナッパを消滅・死亡させました。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント