ラフタリア※たぬき系の亜人。耳と尻尾が特徴的!

スポンサーリンク

物語『盾の勇者の成り上がり』のヒロインのラフタリア。

盾の勇者の尚文が最初に購入した奴隷ですが、タヌキ系の亜人と言われています。最初は10歳の少女でしたが、亜人はレベル上昇に合わせて急成長するため外見年齢は18歳くらいの美少女に育っています。

幼い頃から目立つのが耳、そして尻尾ですね。

耳だけみると犬のように見えなくもないですが、やや横についているので、たぬきの方がやはり近いかもしれません。

あと、尻尾については、たぬきとよく似ています。

ただ、ラフタリアはタヌキ系の亜人ですが、序盤では亜人だけにフォーカスがされ、あまりたぬきとか何系とかいうことは関係ない感じです。

その後、ラフちゃんというラフタリアの毛髪から作られた式神が登場したぐらいから、触れられるようになってきます。

ラフタリアに限らず、『盾の勇者の成り上がり』では混合種のキャラクターが多く登場します。この混合種が差別されていることが多いのも、『盾の勇者の成り上がり』の特徴のひとつかもしれません。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント