グルコサミンとコンドロイチンは高血圧改善にいい?

スポンサーリンク

グルコサミンとコンドロイチンは、高血圧予防にもつながります。

高血圧は原因もさまざまですが、体内の血液がドロドロになることも関係しています。

グルコサミンは体内の血小板が固まらないようにして血液の流れを良くする働きがあるので、その結果血がサラサラになって心臓に大きな負担がかかることなく隅々の血管まで血液が送られることになるのです。

さらに血がドロドロになる原因として、年齢と共に足腰が痛くなって運動不足になることも挙げられます。

スポンサーリンク

グルコサミンは細胞と細胞のつなぎを良くして軟骨の摩擦も防いでくれます。関節痛の予防や緩和につながるので、階段の上り下りなどもしやすくなり元気に活動することができます。身体を動かすことで血流も良くなり、血管年齢も若返って高血圧の改善につながるでしょう。

もうひとつのコンドロイチンは、血液中のコレステロールを抑制する作用があります。

コレステロール値が上がると血圧上昇を引き起こしやすくなるので、コンドロイチンを摂取することも血圧低下対策になるのです。

グルコサミンとコンドロイチンは併用すれば、グルコサミンの体内吸収が良くなります。高血圧が気になる人は、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取してみましょう。

グルコサミンサプリのおすすめランキング
タイトルとURLをコピーしました