グルコサミン!軟骨や関節になぜいいの?

スポンサーリンク

グルコサミンは軟骨に含まれる成分です。擦り減った軟骨を修復する効果が期待できます。

関節がスムーズに動くのは骨の先端にある軟骨がクッションになっていて、骨が直接擦れ合うのを防いでくれているからです。

しかし、軟骨はだんだん擦り減っていきます。若いころは軟骨の擦り減る早さよりも再生する方が早いので問題はないですが、年齢を重ねるごとに再生が追いつかなくなります。

こうして、骨と骨が直接擦れ合うようになってしまいます。さらに、グルコサミンも年齢とともに減少していくといわれています。これらが関節痛の大きな原因となっています。

スポンサーリンク

グルコサミンはアミノ酸と糖分が結びついたアミノ糖のひとつです。

食品の中にも含まれていて、特にカニやエビなどの甲殻類や納豆やオクラといったねばねばした食品に多く含まれているといわれています。

そして、グルコサミンはプロテオグリカンという軟骨の主成分をつくる物質のひとつなのです。また、グルコサミンには軟骨芽細胞という骨をつくる細胞を活性化して軟骨の生成を促進する働きもあります。

このように、グルコサミンは擦り減った軟骨の修復や再生を助けて、関節の炎症や痛みを改善する効果が期待できる成分なのです。

グルコサミンサプリのおすすめランキング
タイトルとURLをコピーしました