片思いの人に年賀状を送る時に書く、おすすめの一言とは?

スポンサーリンク

年賀状を送る機会自体が減っているという方も多くいるでしょう。

そのような時代だからこそ、メールではなくあえてはがきで年賀状を送ることに意味があります。

受け取る側もはがきが届くというのは少なくなっています。

数少ない一枚となるからこそ、メールよりもしっかりと読んでもらえて思いを伝えるのに適しているのです。

ハート

片思いの相手へ送る年賀状を書くポイント

思いを伝えるといっても、ストレートに告白するというわけではありません。

実は片思い中の相手にさりげなくアピールする一言というのが存在しています。

さりげなく思いを伝える一言といっても、さまざまな方向性が存在しています。自分の状況を考慮したうえで、どのような形で思いを伝えるのが適しているのか考えていきましょう。

実際にアピールをしたいなら、手書きで書くというのもポイントの1つです。

パソコンで打ったものを印刷するよりも、手書きにしたほうが相手に気持ちが伝わりやすくなります。

時間をかけて丁寧に書くことも大切です。

自分のために時間をかけて作ってくれたという相手に伝わることで、片思いの気持ちに気が付いてもらえるかもしれません。

例えば片思い中の相手への年賀状への一言で、「会いたい」とか「2人で遊びに行こう」などと付け加えるのも1つの手です。

特に「2人で」という部分をさりげなく付け加えることで、相手に好意を持っていると伝えることにつながります。

スポンサーリンク

2人のエピソードを添える

そこまで親しくない相手という場合には、2人のエピソードなどを添えて送るようにしましょう。

例えば会社の同僚という場合であれば、仕事で助けてもらったエピソードを書いて感謝している旨をアピールするのも1つの手です。

エピソードを書くだけではなく、今年もより良い関係を築いていきたいという意志を付け加えることも大切です。

女性の場合であれば、絵文字などを付け加えてアピールにすることも可能です。

例えば文章の最後のさりげないハートマークでも、相手をキュンとさせられるかもしれません。絵文字なども状況に応じて使い分けて、もらった相手が嬉しいと感じる内容にしていきましょう。

スポンサーリンク

もらう側のことを考えて年賀状を書く

年賀状を書く機会も減っているため、どのように書いていけばいいのか迷ってしまう方もいるかもしれません。

ですが好きな相手に送るものだからこそ、迷うのも当たり前のことです。

そこで注意するべき点を考えて、好きな相手に思いが伝わるような1枚を作っていきましょう。

もらう側のことを考えて年賀状を書くことが、一番大切なポイントです。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント