片思いは諦めることも時には必要※そのタイミングと方法

スポンサーリンク

片思いをしていると相手に夢中になって、つい引き際が分からなくなる時があります。

周囲だけでなく、好きという気持ちから出る行動のせいで、相手からも不愉快に思われたら悲しいのではないでしょうか。

以下では、片思いの相手を諦めるタイミングと方法をご紹介したいと思います。

女性

相手が結婚しているならすぐに諦める

まず、相手が結婚をしていたり、また結婚をする予定がある場合はすぐに諦める必要があります。社会的に問題が起こるだけでなく、相手にとっても非常識と思われてしまうかもしれません。

付き合っている恋人がいて、その相手との仲が順調そうな場合も距離を置いた方がいいでしょう。

チャンスを探していると、その間に悪い印象を持ってしまわれかねません。

場合によっては周囲からも嫌がられて、孤立してしまうこともあるでしょう。

特に、仕事が同じだったり、学校で顔を合わせることが多い場合は、周囲からの評価も当の本人に届いてしまいます。

人間関係を乱してしまったり、相手が気を遣う事態にならないよう気を付けてしまうと思われます。

スポンサーリンク

相手に恋人がいないなら告白をして気持ちをスッキリさせる!

一番判断が難しいのは、相手に恋人がいない場合です。

諦めるタイミングを探すのが難しかったり、なかなか気持ちに決着が付かないということがあるかも知れません。

そういう場合は、一度きっちりと告白をしてみることをお勧めします。

自分の気持ちに区切りをつけずにズルズルと先延ばししてしまうと、それだけ未練が残ってしまったり諦めきれないまま時間が過ぎることになります。

告白する勇気が無かったら、例えばデートに誘うだとか脈のアリナシがはっきりわかる方法を取ることもお勧めです。

いずれにせよ、相手を思うのはここまでと決めて線を引きましょう。

スポンサーリンク

自分の気持ちに区切りを付けることが大事

自分の気持ちに整理をつけるのは、誰にとっても大変なことです。

どうしても諦めきれなかったり、気持ちに区切りが付かないことも少なくありません。

自分が相手を追いかけるのはここまで、と決めてそれ以上は深追いしないよう気を付けましょう。

もし自分の気持ちに区切りが付かない場合は、親しい友達に話を聞いてもらうなどして、気持ちを言葉にすると整理が付きやすくなります。

いきなり想いの全てを手放すのではなく、徐々に相手と距離を取ったりして少しづつ離れていくという方法もあります。

一番良くないのは、何かと相手の行動を深読みしたり、諦めないように自分自身に対して言い訳を重ねてしまうことです。

諦めることは痛みを伴いますが、次の出会いや先に進むためにも諦めることが必要なこともあります。

前向きな恋のためにも、自分の気持ちと向き合ってください。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント