恋愛でベタベタするのは注意が必要!苦手意識がある男性もいる

スポンサーリンク

恋愛でべたべたした方が、男性に好かれやすいと思っている女性がいるかもしれませんが、必ずしもそうとは言い切れません。

むしろ、べたべたするのは苦手という男性が多いことも知っておいたほうが良いです。

男性は照れ屋なので、人前ではくっつきすぎるのを嫌がる人もいるのが実情です。

ベタベタしようとしたら避けられてしまって納得がいかない、という女性はそういう行為に苦手意識がある男性もいると思った方が良いでしょう。

男性

軽い女性に思われるかも。男性にリードを任すのも一つの方法

それと単純に、早期の段階で恋愛関係においてあまり頻繁にべたべたされると、軽い女性のように思われることも少なくありません。

そう思われないようにするにはどうすればよいのかというと、古風ではありますが男性のリードに任せてみるというのも一つの方法です。

それぞれに理想とする形は異なりますので、初めのうちは様子を見る意味でも自分からベタベタと積極的にいかないほうが得策です。

積極的にしすぎてしまうと、誰にでもそういうことをしているというような印象を与えかねません。

せっかく恋愛関係になったのに、軽いと思われたり誰にでもそういう態度だと思われることは得策ではないです。

たとえ勇気を振り絞ってやった行動だったとしても、評価されなかったら何にもなりません。

でも彼のリードに任せてみることで、間合いというかどういう距離感が好みかということがわかります。

中には、人前でベタベタするのが好きな男性もいると思いますが、相手がどういう人なのかをきちんと把握する前に、相手を選ばずにしてしまうのは避けたほうがベターです。

スポンサーリンク

いちゃつきたくても、二人っきりになるのを待つ!

あなたが真面目な性格でも、タイミングをはき違えたことで二人の間に距離が生まれてしまいます。

そうすると、男性に苦手意識を持たれてしまい、印象を変えるのに時間がかかってしまうでしょう。

いちゃつきたい時は誰にでもありますし、そういうことは二人っきりの時にすればよいことではないでしょうか。

もちろんスキンシップは恋愛においてとても重要ですし、言葉以上に効力を発揮することも少なくありません。

ベタベタが苦手かどうかは、観察していれば意外とわかるものです。あまり得意ではなさそうなら、外にいる時は彼のリードに任せるのが良いでしょう。

意外と古風な考えの持ち主も多いので、いちゃつきたくてもそこは我慢をして、二人っきりになるのを待ってスキンシップをはかるのがお勧めです。

恋愛は積極的になりすぎると引かれてしまうということも少なくないので、注意しましょう。

おすすめ情報
モテ女になりたい方はこちら


コメント