嫉妬して自己嫌悪に陥ると、恋愛がうまく行かなくなる

スポンサーリンク

異性間の恋愛は性別やそれまで育ってきた環境から性格や考え方が異なっていて、その違いから相手との関係性が影響してきます。

特に相手に強い興味を持つとその行動がとても気になるようになり、自分以外の異性と接触すると嫉妬する感情を持つ場合もあるでしょう。

これは相手に対する束縛という気持ちもありますが、自分以外の異性が自分には無いものを持っているような場合にも起きるのが一般的です。

それは単純に外見という見た目もありますが、社会人であれば働いている業種や会社での立場であったり、学生であれば学校のランクや成績なども関係することもあります。

そこで奮起して自分もそのような資質を持つために努力すればいいのですが、そこで自分が相手よりも劣ると考えて自己嫌悪になってしまうと、異性からはいい感情を持ってくれないでしょう。

女性

自己嫌悪に陥っている人はモテにくい

自己嫌悪というのは自分が他の人よりも劣っていると認識して落ち込んでしまう状態であり、一時的であればいいのですが、あまりに続くと嫌悪感を生じる場合があります。

恋愛というの相手に対して好意があるだけでは継続は難しく、尊敬できる部分がなければ感情を続けることが困難です。

自己嫌悪を感じているのが男性と女性とで違いがありますが、どちらの場合でもあまりにその状況が酷いと相手から嫌われてしまうでしょう。

多くの人は明るく優しい人を好きになる傾向があり、自己嫌悪に陥っている人は暗く感じ、優しいというイメージがわきにくいからです。

スポンサーリンク

嫉妬や自己嫌悪の気持ちが起こっても乗り越えていくことが大切

恋愛は結婚とは違っていて、特別な契約を結んでいるわけではありません。

そのために相手に魅力を感じなくなれば次の行動に移る場合もあり、関係が続かなくなってしまう状況に繋がってしまいます。

嫉妬というのは相手に対して特別な感情を抱いていれば生じても当然と言えますが、そこで奮起せずに自分を責めてもいい結果は多くの場合で少なくなっています。

自己嫌悪して自分を改めて見返してみるというのは悪くはありませんが、それは恋愛対象にある相手に見せるべきではないでしょう。

恋愛は単なる知り合いとは異なって強い感情で結び付く必要があり、そこで相手に対して嫌悪感を持ってしまうというのは最悪の展開になってしまいます。

嫉妬することは人間である以上は避けられませんが、どのように対処するかで以後の関係が大きく変化するというのは認識していなければいけません。

嫉妬や自己嫌悪は、長い人生のうちでたびたび起こる感情です。

しかし、これをどのように乗り越えていくかが人間の器であり、魅力でもあります。恋愛を上手く運ぶには、嫉妬や自己嫌悪をコントロールしていくことが大事でしょう。

■ 新しい恋愛を成功させたい、今の恋人と長続きしたい方へ
  おすすめの有料恋愛マニュアルはこれ!
【男性向け】JURIの正しい彼女の作り方
【女性向け】彼を虜にする講座