恋愛の疑心暗鬼を克服して素敵な恋をしましょう

スポンサーリンク

素敵な恋愛をしたいのに、なぜか疑心暗鬼になってしまうという人は意外と多く、うまくいかなくなってしまうという悩みを持っている人もたくさんいます。

自分に自信がなかったり、相手の言うことを信じられなかったりすることが多いのですが、本当の気持ちは自分だけを好きになって欲しいということなのだと思われます。

自分だけということを言葉や行動で示してほしいのに、自分の思うような反応を得ることができないために疑心暗鬼になってしまうのです。

でも、自分ではそのことに気付くことができなくてつい相手に質問をたくさんぶつけてしまったり、疑うような会話になってしまったりします。

言われている方も良く分からなくて、言い訳のようになってしまうと悪循環に陥ってしまい、お互いに不機嫌になってしまうという展開になってしまうようです。

女性 辛い

相手を思い切って信じてみる

疑心暗鬼になってしまう人の克服方法としては、疑うばかりではなくて思い切って信じてみようとすることをおすすめします。

心配で仕方がないのだと思いますが、関係が続いているわけですから相手から好意を持たれていると思って、少しおおらかになってみるのです。

疑ってばかりいても、状況が変わるわけではなくて、良い方向に向かう可能性が低いことを理解してみましょう。

それでも自分が安心できなくて、安心させてもらうこともできないのなら、もしかしたら少し距離を置いてみたほうが良いのかもしれません。

相手の人が本当に好きな気持ちを持っていてくれているなら、自分が変われば相手も変わるはずです。

思い切って心配なことや信じたいことなどを打ち明けて、おおらかな気持ちになる努力をしたうえで相手が変わらないのであれば、自分に合っている相手ではないのかもしれません。

スポンサーリンク

自分のことを好きな人と付き合うようにしてみる

付き合うたびに疑心暗鬼になってしまうという人は、自分のことを好きな人と付き合うと克服できることがあります。

自分が思い描く以上の愛情を与えてくれる人と付き合うことで、疑心暗鬼になる隙間がなくなり、自然と素直な気持ちになったり、疑う気持ちを忘れたりすることが期待できます。

自分のことを好きと言ってくれて、いつでも自分だけを見てくれるタイプの人が好きなら克服することができるでしょう。

ただ、相手の気持ちよりも自分の気持ちが大切で、好きな人に一直線に向かってしまうタイプの場合には、物足りなく感じるかもしれません。

スポンサーリンク

相手に依存せずに自立するように心掛ける

相手がどういったタイプであれ、疑心暗鬼を克服するためには、自分の気持ちを知ることが必要になるので、まずは素直になってみることから始めることをおすすめします。

あと、自分だけを見てほしいという気持ちから発生する疑心暗鬼は、相手を束縛することに繋がりやすいです。

束縛されると窮屈で逃げ出したいという思いから、相手はあなたから離れてしまうこともあります。

このように相手に依存しすぎると、良くない方向に行きやすいです。

自分自身の外見や内面を磨き、これで相手が離れるなら自分には合っていないぐらいの気持ちを持つことも大切でしょう。精神的に自立することを心掛けましょう。

そうすれば、疑心暗鬼の気持ちもあまりわかなくなり、克服することもできるのではないでしょうか。

■ モテたいメンズのファッションサイト

SPUTNICKS(スプートニクス)

■ 無理なくスマートに!

グリーンクレンズカクテル