恋愛はギブアンドテイクよりギブアンドギブの精神が大切

スポンサーリンク

人間関係にはギブアンドテイクという形もありますが、これは恋愛においてはあまり望ましくはありません。

そもそもギブアンドテイクはテイク・与えられるためにギブ・与えるという構造をしているので、ドライな関係になりやすいです。

何かをしてあげたからこそそのお返しとして何かをしてもらうことの繰り返しを、恋愛と呼ぶのは難しいです。

どちらかというとビジネスの関係に近いと言えるでしょう。

案内

そしてもし何も与えない場合は、何も返ってこないという意味でもあります。

計算に基づいて与えた分だけ返ってくる、それを愛情と呼べるでしょうか。

また何かを与えたにも関わらずその見返りがないと、関係がすぐに悪化する危険性を秘めています。

最終的には単に恋愛関係を続けるというテイクのために、ギブを続けるだけになりかねません。

ギブアンドギブの関係を築きましょう

そのため恋愛ではギブアンドテイクよりも、ギブアンドギブの関係を築くことが望ましいです。

お互いが相手のことを思って、様々なものを与えることを基本とするという考え方です。

それを用いることができる場面は至るところにあり、何も金銭やものだけでなく、精神的なギブアンドギブも可能です。

この考え方は見返りを求めないため、結局は相手のことを優先させやすくなります。

したがって思いやりとしての形で表れ、良好な関係を築ける可能性が高いです。

自分の利益を追求するわけではないので、自己中心的にならずに済むというメリットもあります。

ただ、ギブアンドギブは、あくまでもお互いがそう認識して初めて成り立ちます。

もし片方がいわゆる搾取性質を持っている場合だと、一方的なギブが続けられるだけになってしまいます。

なので望ましいといっても完全ではないということを覚えておいた方が良いです。

重要なのは、健全なギブアンドギブの関係を築ける相手を見つけることです。

スポンサーリンク

ギブアンドテイクの方が実践はしやすいが、やはりギブアンドギブの関係を

また実際には計算が絡みやすいギブアンドテイクの方が、実践はしやすいです。

それはあまり繋がりがないビジネスで活用されていることからもわかるはずです。

しかし恋愛では単純な見返り計算だけでは解決できない課題も山ほど現れます。人同士の関係なので、できることとできないことの違いなど、お互いの差も見えてくるでしょう。

それを負い目なく補い合うことができるのが、ギブアンドギブという考え方です。

稀に良い関係を築けるからといって敢えてギブアンドテイクを選択するという例もありますが、それは少数派と言えるでしょう。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント