劣等感を克服して、楽しい恋愛をしよう!

スポンサーリンク

劣等感やコンプレックスは、誰にでもあるものです。

普段はそれほど気にならなかったり、努めて気にしないようにしていても、こと恋愛が絡んでくると、状況は劇的に変わるものですよね。

急に劣等感を感じている部分がクローズアップされて、自分に自信がなくなってしまいます。

例えばそれが容姿だったりしたら、かなりへこんでしまうのも無理はないというものです。

でも、ちょっと考えてみてください。

例えば自分にとっては劣等感以外の何ものでもない「ポッチャリ」が、お目当ての彼にとっては物凄く魅力的に映るということだって、実は良くあることなのです。

また、色黒で悩んでいたとしても、傍から見たら健康的で好感が持てる、ということだってあるでしょう。

笑顔の女性

過剰な劣等感を持つことで、あなたの魅力が半減!

そんな劣等感を克服するところから、本当の恋が始まるのではないでしょうか。

コンプレックスを持っているということは、マイナスの自分だということですよね。

周りから見たらマイナスでも何でもないことを、コンプレックスに思っていたら、恋愛の対象相手の前でも委縮してしまうかもしれません。

そしたら、あなたの魅力が半減してしまうというものです。

いったん自分のことから離れてみてください。

親友の立場になってみて、その友達があることで、劣等感を持っていたらどう感じるでしょうか。

恐らくそれは客観的に見たら、全然コンプレックスに思うことでも何でもないことだったりするかもしれませんよね。

でも、友達はその言葉を信じないために、ウジウジとずっと悩み続けている訳です。

こんな人が恋愛において、ポジティブな結果を出す訳がありません。

スポンサーリンク

劣等感を克服した人は魅力的!人の痛みもわかる人に

逆に、自分がコンプレックスに思っていることときちんと向かいあってそれを克服した人は、誰が見ても魅力的なのではないでしょうか。

だって、誰にだってひとつやふたつ他人に劣っている点があるものなのですから。それを隠すのではなく、認めたうえで克服し何とか自分磨きをしている人は、男性でも女性でも素敵な人であるに違いありません。

そんな素敵な人は、黙っていても恋愛ごとには強くなれるのです。

なぜならそれは、人の痛みを理解することが出来るからです。

もし、自分には他人に劣ることがひとつもない、と豪語するような傲慢な人には最終的には誰もついて行くことが出来ないはずです。

最初は頼もしく感じるかもしれませんが、やがてその傲慢さが周りの人を傷つけ疲労させてしまうことでしょう。

自分の弱みを知っている人は、人の弱みにも寛容になれるはずです。

そして、自分の弱みを克服した人は弱っている人の気持ちを想像することが出来ます。

恋愛において想像力は、最強の武器であるということを是非覚えておいてください。

おすすめ情報
モテ男になりたい方はこちら
モテ女になりたい方はこちら


コメント