30代の男女の結婚観についてどうなのでしょう

スポンサーリンク

30代の男性と女性の結婚観について紹介していきたいと思います。

30代と言えば、20代の仕事経験を踏み、部下や後輩の指導をしていく立場になっていく傾向があります。これは、男女でも同じような傾向があり、会社でも重要な仕事を任される時期でもあります。

そうなってくると、30代の男女の結婚観としては、結婚したい願望は持ちつつも、なかなか職場を離れられない傾向があるようです。

30代 男女 結婚

しかし、女性にとっては子供が産める重要な時期ですので、30代で結婚したいという結婚観をお持ちの女性は多いのではないかと推察します。

30代の男女が結婚をするとなると、家庭・育児と仕事の両立を求められるでしょう。一時期は、女性が寿退社を経て、家庭・育児に専念するということもありましたが、30代の女性も責任のある仕事を任されていることが多いので、簡単に会社を辞めるということもできないと思います。

一方、男性の方ですが、「イクメン」「主夫」という言葉も浸透してきましたが、依然として理解度が低いのが現状です。これは、男性自身が家事に興味が薄いというのもありますが、社会的な育成、社会的な理解が乏しいと思われます。

未だに、男性は外で働く者との認識が強いので、「主夫」をしていると失業している雰囲気を持つ方も多く、男性としてはやりづらい面があると思います。

スポンサーリンク

社会的な信用面について

あと、社会的な信用面で30代の男女の結婚観で見てみると、30代で独身の男性は社会的な信用が得られずデメリットになることもあるようです。

30代の女性の独身についても、出産やこれから老後までの生活設計を求められるので、これがデメリットに作用することもあるようです。

このように30代の男女の結婚は、20代に比べると『生活』というものに重点が置かれる傾向が強いと思います。それ故に、なかなか思い切って結婚するということもできず、結婚時期が長引き、晩婚化が進んでいっているように思われます。

コメント