ワンピースにおけるレイリーの強さは、あのキャラクターと同等

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』のマリンフォードの決戦後にルフィが修行する島で稽古をつけてくれたレイリーですが、引退した今もその強さは健在ですよね。

当時の海軍3将の一人黄猿と十分に張り合っていたレイリーは実力者というだけでなく、覇気を自由に扱うことができるため、当時覇気を自分の意思で扱うことができなかったルフィにとっては適切な師匠となっていました。

レイリーにとってルフィとの出会いは、ロジャーの再来のようでレイリーは嬉しかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ロジャー海賊団に所属していた頃のレイリーは副船長としての役割のほか、若手の乗組員の教育係のような立場だったらしく、まだ新入りだったシャンクスやバギーが船上で叱られる描写がありました。

猛者だらけの海賊集団ロジャー海賊団で、副船長というポジションは伊達ではないということです。

レイリーは自由に海を泳いでいるため、悪魔の実の能力者では無いかもしれませんが十分な強さを持っています。

麦わら海賊団も、悪魔の実に頼らない強さを持っている船員がほとんどなので納得ですね。

年老いて前の世代の強者というポジションのレイリーですがロジャー同様、ひとつなぎの財宝を知るキャラクターとして、また『ワンピース』の物語に絡んでほしいところです。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら