ワンピースのノーランドとカルガラの物語に感動

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』で感動した物語に、ノーランドとカルガラの物語があります。

ノーランドは植物学者で、カルガラは辺境の島で一族の長になる男でした。

全く違う生い立ちや過去を背負っている二人が出会い、生け贄を作らないための新しい道に踏み出す部分には感動しました。伝統を重んじながらも先に進めるのだと、本気で感心できたのです。

ただ、二人の物語が感動的なのは悲劇がそこにあるからです。

地殻変動といういたずらで二人の再会はできず、悲劇が生まれました。ノーランドは処刑され、カルガラは空で戦うことになったのです。

ですが、『ワンピース』が素晴らしいのはここで物語が終わらないところです。

二人は再会できませんでしたが、思いを受け継ぐ子孫たちがそれぞれ空と地上で戦い続けていたのです。ルフィーたちは結果的に子孫たちの思いを繋ぎました。

過去から始まった話が現代で繋がる部分に感動しました。悲劇から始まった物語は鐘の音によって、地上と空でつながったのです。響き渡った鐘の値はどんなに感動的だったでしょうか。

何百年も繋がらなかった物語が、鐘の音で繋がるのです。

鐘の値は一瞬だったかもしれません。しかし、鐘の値は二人の物語を終わらせるものでもあったのでしょう。二人の物語は感動できる最後でした。

漫画を読むなら、「ebookjapan」がおすすめ!

ebookjapan


無料の電子書籍マンガが豊富!
「ebookjapan」はこちら

漫画が好きな方は、以下のコミックサイトもおすすめ!

ひかりTVブック


「ひかりTVブック」はこちら

U-NEXT


「U-NEXT」はこちら

コメント