ワンピース※スモーカーの十手が今後も大活躍?

スポンサーリンク

漫画『ワンピース』で、ルフィたち麦わらの一味を追う海軍といえば、スモーカー。

白髪のオールバック、葉巻を豪快にくわえ、背中には愛用の巨大な十手を背負ってルフィたちを追いかけ回す海軍兵です。

初登場時には、ローグタウンで大佐の地位にいましたが、新世界編になり2年後になると、G-5支部の中将にまでなっていました。

スモーカーの能力と言えば「モクモクの実」の能力です。

体を煙に変えて、相手を攻撃したり、捕縛したり、空中を進むことのできる自然系(ロギア)の能力です。

スポンサーリンク

エースの「メラメラの実」の能力とは、火と煙の関係で相性が悪く、スモーカーの技の「ホワイトブロー」とエースの「火拳」がぶつかり合うシーンはとても印象に残っています。

『ワンピース』に近づくルフィたちや他の海賊たちの台頭で、最近は活躍の場が少ないスモーカーですが、今後の出番はどうなるのでしょうか?

最後の大きな出番といえば、パンクハザード編です。海軍の立場にありながら、ルフィたちと一時共闘し、ヴェルゴやシーザーたちから子供たちと自分の部下である海兵を守ろうと戦う、渋くて熱くてワイルドな戦いがとてもかっこよかったです。

今後は、さらに強力な能力者や覇気を使うキャラクターと渡り合うためにスモーカーも強くなることを期待しています。

そのカギとなるのが、十手ではないでしょうか?

海楼石を仕込んだ十手「七尺十手」です。海楼石の力によって能力者の力を無力化できるこの十手がさらに強化されて、スモーカーの「モクモクの実」の能力もレベルアップして合わされば、今後の活躍も期待できます。

海軍の中でも、その組織の在り方に疑問を抱きながら戦うスモーカーの、今後の言動も楽しみです。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら