実力者カタクリと暗躍する黒ひげ海賊団※ワンピース

スポンサーリンク

カタクリと言えばビッグマム海賊団を支える最高戦力であるスイート3将星の一人でコムギ島では粉大臣も兼任している人物です。

カタクリは、懸賞金も10億を超えているようでビッグマム海賊団の実質ナンバー2です。

傍若無人なビッグマム海賊団に所属していますが、カタクリ自身は幼少時に友達の出来ない孤独に耐えていたり人間味があります。

それ故にルフィとの決闘では邪魔が入った際、お互いにフェアな条件で戦いをするため自分で腹を槍で突き刺し、ルフィと対等のダメージを背負い戦いに挑む男気を見せるという敵ながら芯の通った部分を見せます。

ルフィに倒されはしましたが再登場しそうですね。

スポンサーリンク

一方、元々は白ひげ海賊団に所属していた黒ひげことマーシャル・D・ティーチが率いている黒ひげ海賊団ですが、彼らが表舞台で台頭してきたのは、やはり海軍本部でのマリンフォード頂上戦争でしょう。

この戦争の終盤で黒ひげは白ひげの持っていたグラグラの実の能力を手に入れ、更なる力を手に入れますが、それからしばらく大きな動きを見せませんでした。

しばらくして姿を現したのはドレスローザのバトルロイヤル会場、黒ひげ海賊団のジーザス・バージェスが商品の悪魔の実を狙って参加していました。

この時点でも黒ひげ海賊団の目的は悪魔の実の収集、大きな動きは無くとも着々と力をつけているのが何とも不気味ですね。

また、カタクリと黒ひげ海賊団の競り合いも『ワンピース』の見どころですね。

■ 電子書籍マンガを読みたい方へ
おすすめサイトランキングはこちら